ペットボトルが小顔グッズに変身?

小顔になるための方法として、マッサージや小顔グッズなど、様々なものが考案され販売されていますよね。そういったものを使って自宅で小顔になるための努力をしているという人もいるかもしれませんが、実は身近なものを使っても小顔の効果を得ることは可能なのです。

例えば、ペットボトルを使うという方法があります。ペットボトルを活用すれば、理想的な小顔を手に入れることができるかもしれません。では、実際にペットボトルを小顔のためにどのようにして使うのでしょうか。

まず、ペットボトルに水を入れてキャップを閉めます。そして、それを口にくわえたまま、顔を左右に動かします。これがどういった効果があるかというと、口にくわえたまま重いものを動かすことによって、それを支える力がつき、口の周りの筋肉を鍛えることができるようになるのです。

顔が大きいということには、筋肉が衰えていてむくみの原因になっているということもありますから、筋肉を鍛えることで引き締めるという目的があるのですね。他にも、ペットボトルを使っての小顔の方法はいくつかあります。

ペットボトルには水を入れず、思い切りその中の空気を吸い込むというものもあるようです。そうすることによって、頬の筋肉に効果的な運動をすることができるようになります。口周りの筋肉を鍛える方法と、頬の筋肉を鍛える方法を同時に行っていけば、表情筋を効果的に鍛えることができるようになるといえるでしょう。

これを毎日続けて行っていけば、顔の筋肉はしっかりと引き締まるようになるでしょう。空いた時間をつかって、ペットボトルを使った顔の筋肉を鍛える運動を、ぜひ試してみてください。

ペットボトルを使うことによって、特別な小顔のためのグッズを用意するという必要もなくなりますよね。また、ペットボトルでならどこでも入手できますから、場所を選ばず運動ができるというメリットもあります。身近なものを使って、自分の思い描いていたような小顔を実現してみてください。



Comments are closed.