「親知らず」が小顔の妨げ!?

小顔を手に入れるための方法の一つとして、親知らずが関わっているということがあるようです。それは、それまで噂としても言われていたことだったのですが、実際に小顔にまつわる事実関係があるようなのです。
実際の歯科医の先生などは、この親知らずと小顔の関係について言及しています。親知らずを抜くことによって、その親知らずを抜く前と比べてみると、やはり顔の大きさが違っている、ということは実によく起こることのようです。

例えば、親知らずがある人の顔の特徴としては、そこが腫れてしまっているような状態に見えてしまうかもしれません。それによって顔の輪郭が変わってしまい、顔が大きく見えてしまうということもあるのではないでしょうか。
親知らずは、一番奥に生えている歯です。ですから、それを抜くことによって歯の全体のバランスまで変わってきてしまうのです。それによって、顔の筋肉の使われ方も異なってくるといえるでしょう。それが影響して、顔の輪郭が変わり、小顔になったり細くなったりする、ということも考えられるといえるでしょうね。

親知らずがあると顔が大きく見える、というような噂は、実際に親知らずを抜くことで小顔になるということもあり、まったくの嘘情報でもないといえそうです。自分の顔が大きいということにコンプレックスを抱えてしまっている人は、もし親知らずが生えてしまっているのであれば、それを抜くだけでも小顔になることができるかもしれません。
親知らずは、何も小顔に限った話ではなく、歯列に関しての悪影響を与えている場合もありますし、抜くことで他にもメリットがあることもあります。そのために、一度歯科医の先生に相談してみることをおすすめします。

そういった歯に関してのトラブルを解決するのと同時に、小顔の効果まで得られてしまうのであれば、お得な小顔方法でもありますよね。親知らずは、生えていることによって顔のエラが張っているように見えることもあるようです。輪郭矯正のために、親知らずの抜歯を考えてみてもよいでしょう。

Comments are closed.