毎日のメイクで小顔に見せよう

最近では顔をより小さく見せるため、「小顔メイク」を行っている方が急増しています。
小顔を手に入れるため、様々な方法を試している方は非常に多くいるものです。
方法は数多くありますが有名なものとしては、エクササイズ、小顔に効果があるマッサージ、そして最近試している方が特に多い「小顔メイク」です。小顔メイクには、顔を小さく見せるためのテクニックがあり、顔がどれだけ大きくてもメイク一つで小顔に見せることできるのです。

小顔メイクには様々なものがありますが、メイクを始める段階から小顔メイクは始まっているといってもいいでしょう。まずベースのメイクを塗る際、ただベタ塗りで終わらせるのではなく濃さや鮮やかさが違う二種類のベースメイクを場合に応じて上手く使い分けていきます。メイクのハイライト、塗る場所それぞれに明るめのメイクを施すことでも、小顔に見せることができるのです。

また、徹底的に小顔メイクを行うのであれば、ファンデーションの塗り方、塗る方向、そしてハイライトの入れ方にも注意してメイクを行ったほうがいいでしょう。チークを入れるのであれば、一番小顔に見える部分に上手に入れていきましょう。例としては、顔で一番出っ張りがある部分、頬骨や鼻筋、それだけでなく顎にもチークを入れれば、より小顔に見えるメイクになるでしょう。他に効果的な小顔メイクとして、少しでもおでこの幅を狭く見せるため、おでこの丁度髪の毛の生え際のところにペンシルで影を入れるようにしておくと小顔に見えますし、この方法は余程近づかない限り、ペンシルで入れたということには全く気付かないでしょう。

小顔メイクはテクニックを上手く取り入れるだけで顔の大きさの印象を大きく変えることができるものなので、上手く活用していきましょう。やり方も簡単なものが多く、普段から行っているメイクに少し手間を加えるだけで小顔メイクにすることができるので、是非実践してみてください。

Comments are closed.