髪型で小顔を「作る」

小顔をつくるために、有効な髪型、というものがあります。小顔髪型によって、自分の顔を小さく見せることができるようになるのです。顔自体の大きさは変わらなくとも、髪型がその見せ方を変えてくれるということですね。
小顔になりたいと思っている人にとっては、この小顔髪型も取り入れていきたいものだと思います。他の小顔方法とあわせて使うことによって、相乗効果を得ることもできるといえるでしょう。

例えば、前髪の形だけでも顔の見せ方は変わってきます。前髪をアップにしているか、下ろしているかだけでも、顔の大きさは違って見えるようになります。前髪を下ろすことによって額を隠すことができるようになりますが、それが小顔効果にも貢献することになるのです。
顔が小さく見えるということは、顔の見えている部分を少なくするということでもあります。それに対して、前髪を上げてしまって額を見せてしまうと、顔の見える面積が広くなってしまい、顔が大きく見えるようになるのです。小顔のためには、まず前髪を下ろしている髪型であることが大切です。
そして、ただ下ろしている髪型ではなく、いわゆるぱっつん前髪にすることによって、より小顔効果を得ることが出来るようになります。その前髪が下ろされているだけで、顔の輪郭が変わり、小顔であるように見せることができるのです。

マッサージなどの小顔方法以外でも小顔効果が得たいという人にとっては、そういった髪型を検討してみることも有効ではないでしょうか。ですが、たとえばぱっつん前髪がすべての人に有効であるというわけではありません。
人それぞれ顔の輪郭が違っているのですから、その人に最も適している小顔髪型というものがあるのです。例えば顔が丸い人にとってはボリュームのある髪型、逆に顔が長い人にとってはボリュームをおさえた髪型、というような、人それぞれの小顔髪型を見つけることが何よりも大事なことなのです。まずは、自分の顔の形をもう一度、しっかりと確認してみましょう。

Comments are closed.