ガムを噛むと小顔に?

小顔になるためには、顔の筋肉を使うこと、それが一番だと知識として持っている人も多いでしょう。そういった人に多いのが、ガムをよく噛むことによって小顔を得ようとすることではないでしょうか。
確かにガムを噛むことによって、口を動かすことになりますし、それは顔の筋肉を鍛えることにもつながることでしょう。それが、筋肉の衰えによって顔がむくんでしまうということを回避する結果になることもあるかもしれません。

ですが、一歩間違えてしまうと、ガムを噛み続けていたことによって、かえって顔が大きくなってしまうこともあるようなのです。確かに、ガムを噛んでいて小顔になることもできるようなのですが、同時に顔が肥大化してしまう原因にもなってしまうことがあるようなのです。

もし、小顔のためにガムを噛んでいたのに、それが原因で顔が大きくなってしまったとしたら、あまりに残念すぎることですよね。ガムを噛むということは筋肉を鍛えることにつながります。ですがそれを続けすぎてしまったことで、筋肉が大きくなり、そのまま顔まで大きくなってしまった、というケースも多々あります。

ガムを噛むことによるあごの筋肉の強化は、顔を細くするためにも効果のあることです。それによって、筋肉についてしまっていた脂肪を落とすことができたり、むくみを解消することなどができるようになります。
ですが、それを続けすぎてしまうあまり、発達しすぎた筋肉によって、エラが張っているように見えてしまうこともあるのだとか。実際のスポーツ選手などでも、歯をかみ締めるとう力が強いために、あご周りの筋肉が発達してしまい、それがエラが張ってきてしまう原因になる、ということもよくあるようです。

あくまで、適度に行うということが小顔のためには有効なのです。衰えた筋肉を引き締めるという点では、ガムを噛むということは確実な手段なのですが、それが行き過ぎてしまった結果、筋肉が大きくなってしまうこともあるのだと覚えておきましょう。

Comments are closed.